スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケレンを極めし者

ここ暫く仕事が減り置き場の整理ばかり、置き場の片隅には枠をバラシて山になったベニヤ、来る日も来る日もベニヤ(コンクリートパネル通称コンパネ)をハイパーモードに成らない明鏡止水の心でケレンし続ける日々が続いていた。
ケレンとはベニヤに付いたコンクリートの塊をヤスリやケレン棒でひたすらガリガリ擦り落とす作業、派遣のスポット時代に毎日毎日何の技術(履歴書の特技)にも成らない単純作業ばかり繰り返してきた俺にこれ以上適任の作業はなかった。
単純作業の醍醐味は手を動かしている間考え事が出来る。自分の世界に入り浸り様々な思考、あんな妄想を張り巡らせてるうちに将来の不安から鬱に陥る…いつものパターンだ。


己の職歴と将来に限界を感じ悩みに悩みぬいた結果、職人が辿り着いた結果は感謝であった
自分を雇ってくれた工務店への限りなく大きな恩
自分なりに少しでも返そうと思い立ったのが、一日100枚感謝のベニヤケレン!!
機を整え、拝み、祈り、ケレン棒を構え、ベニヤに当て、擦る
一回のケレンをこなすのに当初は5~6分
100枚ケレンし終えるまでに初日は定時まで費やして終えない
ケレンが終わればブログを更新することなく倒れるように寝る
起きてまたケレンを繰り返す日々
一ヶ月過ぎた頃異変に気づく
一日100枚ケレンしても日が暮れていない。
齢1ヶ月完全に羽化する
感謝のベニヤケレン1000枚定時までに切る!!
かわりに妄想する時間が増えていた
暇さえあれば左の手は股間をケレンしていた
こうしてケレン職人が誕生した



屋外の肉体労働は過酷な時期が近づいてきた、初夏の日差しがバカな職人の罵声と共に強く降り注ぐ。
現場の仕事は解体だ。解体とはバールのようなもので枠をうまくはずす別名バラシ屋
45768.jpg
二人で現場にIN,一緒に来てたベテランの浮浪者風のヤツ正直クソつかえねぇ~とまだ半年程度の新人でも判るほど役に立たないヤツ(インポ野朗 だった。
落ち着きが無く、コンクリートをカリカリしてみたり頭をクシクシ掻き毟ってみたりで一切仕事が進まない、行動やら名前の公と言いまるでハム太郎みたいなヤツだ
imgres.jpg
ひまわりの種でも探してるのかってくらいそこらに落ちてるゴミを集めてみたり行動に落ち着きが無く、今流行の大人のADHDのような人だ。

一緒に仕事したくないんで離れて仕事してると
先こっち手伝って~、先こっちやって~と10分置き位に呼ばれ仕事が捗らずイライラと暑さによりブチ切れそうになっていた。今まで一人でやる仕事をすることが多く、人の事ばかり頼る奴とは仕事をしたくないと言う心境だ。
昼過ぎにバラシを終わらせ戻ってみると浮浪者はまだ終わってなかった。「平米的には全然少ないのにまだ終わってないのかよ」と思い手伝うと確かに難しい、素人の俺は苦戦していた。
すると、公太郎はニヤニヤしながら長年の経験だよ~そっちの(バラシ)方が簡単だからね~
浮浪者っぽいにやけ顔により更に怒りを増す、思わず枠よりハムタローをバラしそうになっていたが、三時の一服ポカリ500㍉2本奢ってくれたので水に流してやる事にした。
その後、さっきの苦戦がウソのようにあっさりとバラシ終わった。長年の経験とは一体・・・・・それともケレン(意味深)の上達でバラシの腕も成長したのか?全ての体技の基礎とも言えるケレン・・・・・色々と奥が深けーな




画面の前のみんなも╰U╯ケレン(意味深)をマスターしよう!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。