スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作PCを作ってみる ラスト

徐々にパーツを購入していき総額10万ほどかけてそろえたパーツ達
グラボはなし。使用用途的にcpuの内臓グラフィックで十分なんだよ
DSC01598.jpg
最初にケースを購入してから冬が明け~春が過ぎ~最後のcpuを購入するまでの間に半年位かかった、気が付いたら第七世代のcpuが発売されていたのは言うまでもない。
なぜそこまで時間がかかったかというとそれはこの時自作pcを確実に仕上げるためにネットで調べパーツを選び抜き脳内でシュミレートを繰り返し結果かかった時間である。決して横着してた訳ではない
DSC01599.jpg
では早速取り付けていこう
まずはcore i3を取り出しマザーボードのハメる作業だ
自作PCをやる上で最低限の知識だがマザボのソケットの形式だ
全てのマザボにどんなcpuでも装着できるわけではない
ソケットがLGA1151という形式なので第六世代のcpuしか取り付けられない
ここで注意力のないバカ野郎だったら誤って第七世代のcpuを購入して愕然としていたところだろう
DSC01601.jpg
金具のツメ?をあげるとカバーが開くのでそこに丁寧にはめる
ちなみに一般生活に支障をきたすレベルのバカ野郎でなければ大丈夫だと思うが下敷きで頭をこすりながらcpuを触ったりしないようにしよう!あと冬場にニット物着て作業もおススメしない、なぜなら静電気が帯電してる状態でcpuに触れるとぶっとびCPUになっちまうぅ
noriyukigamati-img421x600-1493977658nroimk9784.jpg
防ごうヒューマンエラーという代名詞は現場仕事よりも俺に相応しい言葉だと実感する
DSC01602.jpg
現場で物事を抽象的にしか説明できないバカ野郎風に説明するとcpuをカチッと合わせカバーをパチンッとやってツメ?でカチッとはめるとできるんだよ
DSC01603.jpg
次はファンを装着
こいつがなかなか厄介でツメが固くて中々はまらなかったせいで表れた強い怒りによって力ずくで押し込んではめた
DSC01605.jpg
CPUソケットのピンを差す
DSC01608.jpg
メモリ装着斜めに差してくのがコツだ
DSC01615.jpg
今回の主役登場
ロイヤルホームセンターで購入したプラスドライバーだ
狭いところにねじを落としてもこの強力な磁石で簡単に拾えるぞぉぉっ
ってかワンピースでこんな能力者いたよな・・・
DSC01617.jpg
ここでdvdドライブがa-ataだか知らんけど形式が古いモデルの為コネクターで変換しなければならない事にきづく
色々調べてみるがめんどそうだ、ここで手間かけるよか新しいの買った方が早いってことで
急遽購入しに悪の総本山pcデポへと向かった
帰ってきたらドッと疲れが出たのでマザーボードをケースに装着して一日目が終了
18833_800x450.jpg
翌日、購入したdvdドライブを装着していく
購入したのはパイオニアのBDR-209っていう値段は高いが口コミではそこそこいいものらしい
ブルーレイも再生できるがよく考えるとブルーレイを見ない俺にとってはどうでもいいことなので銭失いだと気付く安物でよかったな・・・
DSC01619.jpg
こんな感じ
DSC01620.jpg
カバーをはめる
DSC01621.jpg
ここでSSD登場!
普通のSSDの進化版だ
セールで確か1万円くらい
DSC01622.jpg
ヒョロガリメガネ君に激押しされたコルセア?の電源
実は合図地を打つスクリプトを起動させていたのでよく聞いてなかった
DSC01625.jpg
大体完成、あとは起動させるだけ
DSC01631.jpg
あとは電源を入れてOSをインストールなのだがここで問題が起きる
なぜかメモリを二枚差すと起動しない!!??
とりあえず一枚にしたら無事に起動する、そしてBIOSの設定へ
DSC01633.jpg
ラストはググりながらやればBIOSの設定は問題なくできる、そして問題なくwindowsの画面が起動した
半年という長い期間を経てようやく自作pcが完成する!!!!
4cdc961e.jpg
ただやはりメモリを二枚差すと起動しない
メモリは差し替えればどちらも使えるからメモリの故障ではない
原因はなんだ?マザーボードの故障か?今更マザーボードを買い替えて一から組みなおすなんて無駄な作業はやりたくないのでこれでひとまず終了
どちらにせよ一枚なら起動できるし、3Dゲームやるわけじゃないし8Gあれば十分だろう
そしてSSDのおかげで起動がやべーはえーよ
起動するのに20分とかかかってたwindows1998時代からしたらありえないくらい早いね
最後に、今回学んだ教訓として手間を考えたら買った方が楽だし性能もいいはず次は大人しくメーカー製のpcを買おうと心に決めたのであった

  • このエントリーのカテゴリ: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。