スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今にも落ちて来そうな梁の下で

a055a.jpg

ダメでクズで自堕落に生きてきた俺はカネも名誉もそんなもの無かった。いや、ハナっからそんなものには興味が無かったのかもしれない。
だから落ちぶれた・・・学校でも社会でも疎まれ、軽んじられ・・・軽視され・・・そして利用され酷使され・・・・・最後には見捨てられ・・・・・
それでも注目や喝采とは無縁の世界でダメ人間なりに生き続けて来た
そんな俺でも唯一つだけ、絶対に捨てたくないと矜持して生きてきたものがある

例えば上司や社長や親方がカラスは白い!ワタミはホワイト!と言っても俺はドス黒いものに対してシロだ!と言うことはしない・・・
間違っているものは間違っているっ!人間ダメでも・・・少しでも正しくあり続けたい・・・
そう思うことが大切なんだ・・・そう、それは正義の心だ・・・・・


DSC_0357.jpg


鉄骨鳶の魂の叫び声と型枠を叩く音が共鳴し現場に鳴り響く・・・


トントントン・・・トントン・・・ギィィ・・・

鳶A おらぁぁあああ、ばかやろぉぉぉおおお
   てめーのケツの穴ン中にH鋼(意味深 つっこむぞおらぁぁぁ!!


鳶B さっきから騒いでてテメー頭おかしいんじゃねーのか!!??

トントン・・・トントントントン・・・・日野の2t・・・トントントン・・・

鳶A こっちはテメーのケツもってやってんだぞぉぉお
   なんか言う言葉はねぇのかぁああ?ああん?ケツマンコにオスくせぇいマラ棒つっこんだったるぞ!!!!?
   おおぉーおん??


鳶B さっきからオレのケツばっか追っかけてきやがって、テメーホモじゃねーかよぉぉお


鳶は梁のボルトを止めて行く、その梁を追うように俺たち型枠大工が壁の枠を建て込む。
すると、ネズミ男が「そこの印にかどあわせろぉぉおお」 と騒ぎ立てる

(そことかじゃわかんねーんだよ!)

なかなかその印ってものが見当たらないであたふたしている。
すると、ダウンタウンの浜田が後輩芸人の頭を叩くぐらいの勢いでいきなりヘルメットの上から殴られる

ぶち切れそうになりながらもなんとか我慢した

一瞬、昔の記憶がよみがえる
昔、俺は事務の仕事をしていたのだが似たような状況で上司に怒られたのだ。
今思うと殴られたわけでもない、罵声すら浴びせられたわけでもない、本当に大した事を言われたわけでもなかった。
だがなぜかこみ上げてくる怒り、それは相手に対してなのかはたまた出来ない自分に対してなのか分からない、そして、感情を抑えきれずに一言、罵ったように大声を出した後、イスを投げ飛ばし机を蹴り、狂乱した記憶だ。
新卒で就いた正社員の仕事だった、俺は今でも後悔している。
そのおっさんはいい上司とは言いがたいが悪いやつでもない、交通事故の過失割合に例えると7:3ぐらいの割合で些細な事でキレてしまった俺が悪かったのだ、当時、修羅さながらの俺は思春期を過ぎても触れるものみな傷をつける鋭利な刃物のような存在だったのかもしれない・・・

その反省を踏まえ、それ以来は心機一転し自分に非が無かったとしても頭を下げるように徹してきた、こうして手のつけられない最強のゆとりとまで謳われた男の伝説に幕を下ろした。


その後もネズミ男は怒鳴り散らす
足場から枠を通す位置、押すチカラ加減それが思い通りに出来ていないようだ
そして、職人と言う生き物は自分の思い通りに手順が進まないとイライラする

オメェェーーーはぁなんもできやしねぇじゃねぇかぁああッ!!バカじゃねェェエのかあ!?

俺はイライラしながらも聞き返す「だったらどうしたら良いんですかね?」

するとネズミ男は、「だからこうだって言ってんだろおぉがあ!!」と一言

全く持って理解不能の意味不明、だからこうとかじゃわかんねーんだよ!そう思いながらも彼の思い通りに動けるように善処するが罵声は更にエスカレートしていく。


あにやってんだオメーェェはぁぁ何回言ってもわかんねぇーのかぁぁあ!!

昔、俺が唯一尊敬する上司に言われたことがある。
理不尽な事を言われたらキレたっていいんだ。
上司が間違っていることに対して部下は怒ってもいい、上司が部下に間違ったことで叱ってもいい、だが怒るものじゃない、私はそうやって育てられてきたんだ。叱ると怒るのでは意味が違う、上司が過ちを犯したときはキミが全力で怒れ

その一言が聞こえた気がした
そうだ、この世の中は理不尽だ


若いうちは怒られるのが仕事だって言っているが
そんなこと無いッ!!!

理不尽なことで怒られる必要は無い
間違ったことに従う必要は無い

ステイタス、プライド、世間の体面、仕事への正義感・・・そんなことを我慢して自分を追い詰めてしまうくらいなら・・・
このクズぶっ飛ばして辞めやる!!上等だっ!!


そう言い聞かせる

俺がかつて抱いていた熱い正義の心が今、再び戻って来る
そして、怒りを露にして立て込んでいた枠を殴る

近くに女子が居たらドキッとしちゃうような壁ドンならぬ枠ドン(新語 をする
cached.jpg


と同時に
ぎゃーーーーぎゃーーーーぎゃーーーーぎゃーーーーーうるせぇえんだよおぉハゲェエェッ(ハゲは実際言ったかどうか覚えていない)

いつもなら此処で大人しくなるねずみ男がめずらしくコチラへ向かってくる
あんだ もんくあんのかぁあ?やんのかぁあ?


と言い放ち左の利き手で釘袋のハンマーを取り出す

コレで殴られたらただじゃすまないと思い

俺はとっさにハゲのハンマーと右手を掴み
そして、反射的に

a.jpg


前蹴り!!!

DSC_6137.jpg


前蹴りをっ!!
左足太ももあたりに一発くらわせる

すると、

いでぇえっ    おおおぉおぉおーーいでぇえぇえーーっつ


体制を崩したねずみ男は大騒ぎ

力では俺が圧倒していた
俺が掴んだ両手を振りほどこうと必死なねずみ男
しかし本当にフリほどく気があるのかって位の力しか出ていない


この大騒ぎと非力さにより俺は冷静になっていた
今思い返しても鮮明に思い出せるくらい冷静だった(そんな痛かったのかなって一瞬思ったくらい・・・

そして、次の一手を考える
周りを見渡し武器になるものがあるか?

このまま投げ飛ばすか!?
hqdefault.jpg

いや、足場があるしキビしいか・・・両手もふさがってる・・・ならどうするか!?

ねずみ男のハンマーと右腕を掴んでいる状態でコイツを倒す方法

1前蹴りの連打で立ち上がれなくなるまで蹴る
8dea5471-s.jpg

2下腹部(股間)に一発入れる
456546546.jpg


3右ひじが顔の近くにあるしこのままヒジ打ちで沈める
Buakaw.jpg

4とりあえずハンマーを奪い取る

冷静に判断した結果、暴力はさすがにまずいと判断した俺はとりあえず4を選択
力のないねずみ男も離すまいと必死になっていた

HA☆NA☆SEぇぇぇええ!!やんのか?本当にやるぞ?やるってんならやってやってもいいぞ!?(やるって何を?
ただ騒ぐだけのねずみ男

俺 ああ、いいぞ、殺ってやるよ と一言答える

ねずみ男の顔には涙を浮かべていた

暫く狂乱した後、人を舐めた口調で
あーあ、ハイハイ、わかりましたよ、俺が悪かったです!!許してください~すいませんでした~!だから手を離してくださいよぉお~
一瞬、マジでぶん殴ってやろうかと思ったが見過ごした

手を離した瞬間に殴りかかってくることも想定し臨戦態勢に入るも
ねずみ男は去っていく
そして、一言、
まぁ、ほら、此処見てみろこんなにも狭いんだ、此処で釘打ってたらつい頭にきて言い過ぎちまったよ・・・悪かったな・・・
同じ会社の仲間同士で喧嘩しても何の特にもならねぇよな・・・

さっきまでが嘘のように静かになるネズミ男。


俺はなぜか自己嫌悪に陥った、いつもそうだ、自分が正しかろうがキレた後は罪悪感のようなものが押し寄せる。
なんて後味が悪いんだろう。何言われようが我慢できりゃ良いのに結局、それが出来なくて損する
自分は悪くない必死にそう言い聞かせる



後に大将から聞いた話なのだが
昔、ネズミ男には半世紀苦楽を共にした親方が居たらしい
その親方はねずみ男に罵声ばかり浴びせ技能と呼ばれるような仕事は一切やらせずパイプ、サポート担ぎそんなものばかりやらされていた。
だが、ねずみ男は親方は間違っていない、信じて疑うことをしなかった。間違った人間だとしても正しいと信じて決して疑わずに・・・・・
こうして罵声だけは大九、仕事は大六、人間としても粗悪なクズが出来上がってしまった。
環境により人の性格は変化する。結果、ネズミ男は心までもが歪んでしまった。彼は被害者だったのだ。歪んだ人間の中に巣食う妖怪が、ネズミ男のような被害者を・・・妖怪を生み出しているのかもしれない・・・
結局・・・
よ う か い の せいなのね     そうなのね

cee90c189b078c8ea7398d0e0061a651.jpg



世の中、未熟な人間ばかりなんだ、だから敬意を持つ人間の真似をする。
そして、人は完璧に近づこうとする・・・・・それが間違いであることに気づかなければ人はまた、同じ過ちを繰り返す・・・・・
俺は完璧なんか欲しない、人や環境に影響されて大切なものを失いたくは無い・・・・・
だから自分自身の意志を・・・尊重するっ・・・いつだって明るい未来を切り開く為・・・・・
たとえダメ人間と罵られようとも・・・大切なのは自分自身を見失わないことなんだ・・・・
それが・・・俺のジャスティスなんだ!!!!!


憎悪の建設現場労働編 ~完~
と見せかけてまだ続く





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。